女性ホルモンと薄毛の系

女性の薄毛の原因は女性ホルモンのマイナスだと言われており、山場の25歳を迎えた後は緩やかに分泌嵩がマイナスしていくという特技があります。

 

女性,薄毛,女性ホルモン

 

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2分類があり、どういう働きがあるのか見ていきましょう。

 

エストロゲン⇒「皮膚のモイスチュアを保つ」「髪の毛をスベスベにする」「骨を強くする」「血管を強くする」
プロゲステロン⇒「子宮内膜の活動を調節する」「乳腺を発達させる」「血糖値を見直しさせる」

 

2つの女性ホルモンの中で薄毛と深く関わっているのがエストロゲンで、こういう低下によってヘアー髪の調教期が短くなってストップ期が長くなります。

 

ヘアサイクルが乱れれば軽くてコシの弱い髪の毛ばかりになりますし、1つの毛孔から出ているヘアー髪の件数も減少し易いので薄毛の誘因に繋がるというメカニズムです。

 

女性,薄毛,女性ホルモン

 

無論、老化による卵巣のシステムマイナスによってエストロゲンの分泌が減少し、抜毛が薄毛が増えるのは月経イベントの一種なので仕方ありません。

 

しかし、不規則な日課でホルモン割合が乱れていると事柄がテンポし易いので注意が必要です。

 

女性ホルモンの低下によって引き起こされる代表的な薄毛がびまん性抜け毛症で、スカルプ全体の規模が減ったり区分けが広がったりと女性によって事柄は異なります。

 

どういう事柄にしても年齢を重ねるため異常し易い結果、薄毛を食い止めるために育毛剤の消耗がおすすめです。

 

女性の髪の毛とスカルプに手厚く働きかけるアロエファクターやシャクヤクファクターといった和漢植物種が豊富に含まれているので、長春ヘアー精を塗布して理想の髪の毛を維持できるように努力してみてください。

 

2ヶ月当たりが1000円サービスミドル

 

女性ホルモンを増やす薬は薄毛に効果的なの?

女性の抜毛や薄毛の進化として、女性ホルモンを補充するテクが注目を集めています。

 

老化による女性ホルモンのマイナスが薄毛の直接的な誘因というため、以下のようなホルモン投薬療法が現在では実施されているのです。

 

・内服薬の服用
・サプリの補充
・貼り薬の消耗
・薬剤の注射

 

単に女性用のホルモン剤がとりわけ手軽なテクとなっており、プレマリンやエストリール、ウェールナラやジュリナ錠といった内服薬が病舎で処方されています。

 

しかし、臨床実験や統計が不足しているのが現状で、「ホルモン投薬療法が女性の薄毛に適切」と言い切ることはできません。

 

無理にエストロゲンやプロゲステロンを補い、ホルモン割合が乱れてカラダを崩してしまったというおしゃべりはあるので、自己判断で服用しないように注意してください。